ファイングループ

お問合わせ

最新機器導入例

ファインファーマシーでは医薬品の秤量・配分・分割・分包といった、薬剤師が行っている業務を一部ロボットが行っています。 そうすることで、薬剤師の作業負担が減るだけでなく、患者様の待ち時間の短縮や調剤過誤の防止を実現し、患者様のQOLを高めることを目指しています。

最新機器導入例 「散薬調剤ロボット」は、処方箋のデータに基づいて、医薬品の選択・秤量・配分・分包といった散薬秤量業務を自動的に行うロボットです。
医薬品カセットの充填や処方内容の入力に間違いがなければ、ミスが起こる可能性は小さく、毛髪やほこりなどなど異物混入のリスクも低下するので、 衛生面においてもメリットがあります。さらに、ロボットに調製作業を任せることにより、薬剤師は別の業務を行えるので、仕事の幅を広げることにもつながります。
ファインファーマシーでは手間のかかる計量混合業務にロボットを導入することにより、 リスクを減らし、かつ時間を短縮・有効活用することにより、患者様の待ち時間を少なくし、調剤業務の効率化をはかっています。


最新機器導入例 最新機器導入例 「水剤分注機」は、処方箋のデータに基づいて、医薬品の選択・秤量・分注といった水剤秤量業務を自動的に行うロボットです。
このロボットのおかげで、正確な水剤計量を短時間にそしてより衛生的に行うことができます。 ロボットを導入したことにより、調剤の流れもスムーズになり投薬に重点を置くことができるようになりました。 また、監査の面でも記録紙を発行することで正確に行うことができるようになっています。


最新機器導入例 最新機器導入例 軟膏混合ロボット「ひとひ練り」
外用剤は本来混合すべきではありませんが、患者様によっては良好なコンプライアンスのため混合が避けられない場合があります。 そのため、適正な使用効果が保たれるよう、混合することが重要になります。
軟膏混合機は、ヘラを用いて手で混ぜるよりも気泡が取り除かれ、薬剤が酸化しにくく、滑らかで光沢のある品質の良い軟膏の調剤ができます。
薬局に自動ロボットを導入することで、人対物という調剤業務の在り方を変え処方内容のチェック・飲み合わせの確認・医師への疑義照会・ 丁寧な服薬指導・残薬調整・健康相談などの業務に注力し、患者さまの健康維持・健康増進に貢献できるように、人対人を第1に考えています。






【緊急】ファイングループの新型コロナウイルス感染拡大防止対策

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様および感染拡大により様々な影響を受けている皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
ファイングループでは、お客様や従業員の安全を最優先に感染拡大防止に努め、政府の方針や行動計画に基づき対応してまいります。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策 新型コロナウイルス感染拡大防止対策 新型コロナウイルス感染拡大防止対策 新型コロナウイルス感染拡大防止対策

<主な感染拡大防止対策>

【各店内での取り組み】
・レジ、受付、服薬指導カウンターに、間仕切りを設置
・店内の買い物かご、備品、トイレ等の共用箇所の消毒の徹底
・店内でのソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)の協力要請
・店内および倉庫での商品管理の徹底
・店内の定期的な換気の徹底
・一部店舗の空間除菌(次亜塩素酸水を超音波噴霧器で常時散布)





お知らせ
News





事業案内

A.I.Mホールディングス

ファイングループ二社「株式会社ファインファーマシー」と「株式会社イケダ薬品」の持株会社として、株式会社A.I.Mホールディングスを設立。 グループのノウハウを結集し、業務の強化と拡充を目指しグループ企業を向上させてまいります。

事業 事業
お問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中!

0276-72-4193

電話対応時間:平日9:00~18:00(定休:土日祝日)

ページトップへ戻る